二重瞼の手術の種類

注射器

人気のプチ整形や全切開法

二重瞼を作る美容整形は銀座の美容外科クリニックではとてもポピュラーです。美容外科ならほとんどのところでできるし、実際にランキングを見ると需要が高い整形です。「埋没法」は二重瞼を切らない方法で作る整形で、切開しないのでプチ整形とも言われています。まぶたの中に糸を通して縫い合わせるだけで、もともとあったようなナチュラルな二重瞼を作れます。手術時間は30分もかからず、料金は銀座なら10万円前後が相場です。切らないとはいっても糸を挿入するのでダウンタイムはあり、瞼が腫れたり内出血したりします。自然な形に落ち着くのは、手術日から1か月経過してからです。それまではできるだけ瞼を触らないようにして、血行が良くならないようにアルコールや激しい運動は控えることが大切です。ランキングで人気のメスを入れる「全切開法」なら、プチ整形の埋没法よりもくっきりした半永久的な二重瞼を作れます。全切開法は本格的な美容整形で、一生ものの二重瞼を作りたい場合に向いています。手術時間は約1時間、料金は30万円前後が相場です。埋没法よりもダウンタイムが長いので、安静にして過ごせるスケジュールをしっかりと取ってから手術に臨むことが大切です。また、切開を伴う美容整形であるため、確かな腕と経験を持つ医師に執刀してもらうことも重要になってきます。医師選び&クリニック選びに失敗してしまうと後悔する元です。面倒でも何件かの美容外科クリニックを回ってカウンセリングを受けてみて、感触の良いところを選ぶように心がけると結果が付いてきます。

埋没法は手術をしないで目元の印象を変えたい人にぴったりな美容外科の美容整形で、銀座でもランキングで人気が高いです。プチ整形とはメスを加えることがない手軽な美容整形のことで、埋没法は二重まぶたを形成するのに糸を使うのが特徴です。まぶたに医療用の糸を通すだけで目がぱっちりとした二重まぶたになります。メスを入れないので時間は10分〜20分程度で点眼麻酔をするので痛みはないです。ただし、ランキング上位の人気プチ整形ではありますが、針で糸を埋め込む作業になるので多少なりとも術後にダウンタイムはあります。ダウンタイムとは日常の生活に戻るまでにかかる期間のことです。埋没法の場合、一番大きな術後の症状がまぶたの腫れです。手術直後はそんなに腫れていなくても、翌日起きたときにまぶたがふっくらと腫れてくることもあります。腫れは1週間〜2週間程度続くので、それまでは出かけるときに色つきのサングラスをするなどの対策が必須です。できれば自宅で安静にして過ごすに越したことはなく、無理をしないで過ごせばそれだけ腫れも引きやすくなります。また、埋没法をしたあとにまぶたや目の周りを中心に黄色い内出血が出る場合もあります。これも1週間ほどすれば消えてなくなります。ダウンタイムが落ち着いて二重まぶたが完成するのは、手術から1ヶ月ほど経過してからです。どうしてもダウンタイムを避けたいなら「腫れない麻酔」や「腫れない術式」で埋没法をしている美容外科も銀座にあるので、そういうクリニックを選ぶのも一つの選択です。

Copyright© 2020 整形をするならは知っておくことがいくつかある All Rights Reserved.